お肌のハリを保つための筋トレ

お肌のたるみに悩む40代女性のためにハリを保つための筋トレ情報をお伝えします。
MENU

お肌のハリを保つための筋トレ

あなたは、自分の体を鍛えていますか?
若いころって、お洒落が楽しくて、一生懸命痩せる努力をしませんでしたか?
私も、20代のころは、仕事から帰ってから、ジョギング→筋トレ→半身浴など、しっかり自分の体を作る時間を確保していました。
しかし、20代後半から徐々にしんどくなり、30代になるとほとんど体を動かすことはなく・・・そして40代、たるんだお腹にぶよぶよ二の腕、大きすぎるお尻に二重あご。
さらには、頬のたるみまでもが出てきてしまい、あ〜おばさんになってしまったな〜と思いながらもそのまま放置気味の生活を送っていました。

 

しかし、このまま放置していても老化は進む一方で、たるみがなくなることはありません。
では、いったいどうしたらよいものか・・・。

 

 

たるみ解消にも筋トレ必須

たるんだお腹や二の腕を引き締めるために、まず思い付くことって、腹筋や腕立て伏せではないですか?
そう。たるみは、脂肪。
筋肉がないからたるむのですよね。
となると、顔のたるみも同じように考えれば、筋トレの大事さがわかってきます。
筋肉は、年齢に関係なく鍛えられると言われています。
ボディビルダーだって、ライザップだって、年齢関係なくしっかり引き締まった体を手に入れていますよね。
筋肉を鍛えるのに、手遅れということはありませんので、これからしっかり鍛えていきましょう。

 

 

たるみ解消 セルフトレーニング

たるみ解消トレーニングをご紹介しますので、ぜひ実践してみてください。
たるみ解消トレーニングは、鏡を見ながら行うのがポイントです。

 

口元のたるみ解消トレーニング

 

  1. 舌先を使い、口の中から頬の内側のほうれい線を上から下へとゆっくりなぞります。
  2.  

  3. 今度はほうれい線を下から上へゆっくりなぞります。これを上下で1セットとして3セットずつ左右で行います。

 

 

顔全体のたるみ解消トレーニング

 

  1. 両頬に空気をいっぱい含み5秒間キープします。
  2.  

  3. その後、口をすぼめて頬をへこませ、片方の頬だけに空気を含み、5秒間キープします。
  4.  

  5. 2と逆の頬に空気を含み、5秒間キープします。これは5〜10回繰り返して行います。

 

 

二重あご解消トレーニング

 

  1. 天井を見ながら、顔を限界まで上向きにします。
  2.  

  3. その状態のまま、天井に向かってまっすぐに下を出して5秒間キープします。
  4.  

  5. ゆっくり元に戻します。これを10回程度行います。

 

 

顔の筋肉は、自分で鍛えることで、しっかり結果を実感することができます。
日々、意識しながら顔の筋肉を動かすことも大切です。
たとえば、会話をするときに、いつもより大きく口を動かしてみるだけでも、表情筋を少し鍛えることができます。
食事のときに、よく噛むことを意識するのも有効です。
しっかりと顔の筋肉を動かして、たるみ解消へとつなげていきましょう。

このページの先頭へ